2015年02月07日

ニキビケアとココナッツオイル

ココナッツオイルはニキビケアに効果があるようです。

使い方は2種類。

ココナッツオイルを食べる方法と、保湿に使う方法です。

食べる方法
ココナッツオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEはニキビケアに効く代表的な栄養素なので、毎日取り入れることでニキビの少ない身体を作ります。

保湿に使う方法
洗顔をした後に1〜2滴を顔にのばして使います。ココナッツオイルには炎症を抑える作用があるのでニキビの悪化を抑えます。

acne.orgでの評価
acne.orgというニキビに関するサイトでは132人中81名で効果があったと報告しています。しかしながら中には悪化したと報告している人もいました。体質的に合わない人もいるかと思います。皮膚に使う場合は少しずつ試しながら使ってみてください。

品薄のココナッツオイル。海外直送品はこちら⇒オーガニック・ココナッツオイル(ピュアエクストラバージン) 16オンス (海外直送品)








posted by asako at 07:13| Comment(0) | 効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題のココナッツオイル。効果が期待できるのはヴァージンココナッツオイルだけ。

ココナッツ.jpg

ココナッツはココヤシの種の中の部分で、ここから採った油がココナッツオイルと言われるものです。
アンチエイジングに効果の高いビタミンEが豊富に含まれていて、脂肪になりにくい中鎖脂肪酸が大半を占めています。

ココナッツオイルが効くところ

★ダイエットに効果的
★糖尿病や心臓血管疾患の予防に効果的
★認知症・アルツハイマーの予防に効果的

ココナッツオイルの効果が期待できるのは、無精製、無添加、非加熱抽出をしている『ヴァージンココナッツオイル』です。







posted by asako at 06:00| Comment(0) | 効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルツハイマー型認知症に効く!ココナッツオイルの効能とは

ココナッツオイルがアルツハイマー型の認知症に効果があると伝えられています。
ココナッツオイルの何がスゴいのでしょうか?

アルツハイマー方認知症の場合、脳がブドウ糖をうまくエネルギーに変換できず脳細胞が飢餓状態になることで悪化します。

そこで、ブドウ糖ではないもう一つの脳のエネルギーであるケトンの濃度を上げるために、ココナッツオイルは効果的なのだそうです。

一日に3回、大さじ1〜2杯程度のココナッツオイルを摂ることで、症状の進行を遅らせたり、改善させることができるようです。
研究の結果が少しずつ明らかになってきているところなので、報告を待ちたいですね。

ココナッツオイルに含まれているビタミンEも認知症予防に効果があると言われているので、毎日少しずつ食事に取り入れる習慣を付けると良いですね。

エキストラバージンココナッツオイル をお探しの方はこちら⇒


posted by asako at 05:54| Comment(0) | 効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。